首イボにお悩みの方。当サイトがおすすめする首イボ治療薬、除去クリームを使えば、すぐに治ること間違いないです。高い治療費がかかる皮膚科に行くことなく、元の綺麗な首元を取り戻せます!

首イボ除去おすすめ治療薬.com【首イボの原因、治療方法紹介】

肌の基礎知識

メラニンは肌の敵ではなく、実は、なくてはならないものなのです。

投稿日:

「肌が白くなりたい」、「美しい肌でいたい」と願う人にとって、メラニンと聞くと、それイコール「日焼け」のイメージを持ってしまい、あまり良いイメージを持っていない人が多いのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。

そもそもメラニンとは、人間だけではなく、植物や他の動物などにも含まれている色素であり、肌色メラニン、あるいは黄色メラニン(フェオメラニン)と呼ばれるメラニンと、黒色メラニン(ユーメラニン)という2種類のものがあります。

人種によって肌の色や髪の色が違うのは、これらのメラニンの量が違うからで、メラニンの量が多ければ多いほど、髪や肌の色が濃くなるのです。

私たちの黒い髪が年齢と共に白くなっていくのも、このメラニン色素が毛根から生み出されなくなっていくのが原因なのです。

そして、メラニンが肌に与える影響といえば、まずは日焼けです。

紫外線を浴びると、私たちの肌の表面にある表皮の奥でメラノサイト(メラニン細胞)が刺激されて、メラニンを活発に作り出して、そのメラニンによって肌の奥にある大切な肌細胞や核を紫外線から守ってくれます。

メラニンによって肌が守られないとどうなってしまうかというと、紫外線により肌が老化してシワになったり、遺伝子にダメージを与えてしまったり、最悪の場合、皮膚がんの可能性もあります。

つまり、肌を黒くするメラニンは、ただの悪役というわけではなく、私たちの身体にとっては紫外線から守ってくれる大切なガーディアンの役割を持っている、なくてはならないものなのです。

しかし、その一方で、メラニンは困った形となって私たちの肌に現れます。

それが肌に出来るシミやほくろ、イボなどです。

体内で生み出されたメラニンは、肌のターンオーバーによって角質となって排出されてしまいますが、紫外線を大量に浴びたり、加齢によって新陳代謝が衰えてくると排出しきれず、残ってしまった黒色メラニンが色素沈着となって皮膚の表面に出てくると、それがシミやほくろ、イボなどになってしまうのです。

これらを防ぐには、とにかく紫外線を浴びないこと。

そして作り出されてしまったメラニンをきちんと体外へ排出できるように、普段から新陳代謝を良くするように意識しましょう。

身体を動かして血流を良くしたり、身体を冷やさないようにすること、たっぷり睡眠をとることが必要となります。

食事も抗酸化作用の高いものを摂っていくことで、メラニンの働きを正常化して、綺麗な肌を保つことに繋がります。

-肌の基礎知識

Copyright© 首イボ除去おすすめ治療薬.com【首イボの原因、治療方法紹介】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.