首まわりにできるぶつぶつ、首イボにお悩みの方へ。当サイトは効果が高い首イボ治療薬、除去クリームを紹介しています。高い治療費がかかる皮膚科に行くことなく、自宅で、元の綺麗な首元を取り戻せます!また、首イボの予防方法や取り方などの情報も紹介!必見サイトですよ!!

皮膚科、病院で除去、治療

首イボを治す前に知っておきたい保険診療と治療方法の話

投稿日:

私たちが病院で診察を受けるときに、健康保険証を病院に見せることにより保険診療を受けることができます。

これは診察や治療にかかる費用の1割~3割は、自己負担となり、それ以外は国が負担してくれるという健康保険なのです。

しかしながら、病院で行われる治療のうち、保険診療とならず、全ての費用を負担する自費診療になることもあるのです。

それが首イボの治療にあてはまります。

首イボにはいくつかの治療方法があるのですが、その中には保険診療となるものと、自費診療になるものがあるのです。

これを知っておかなければ、治療をする時に多額の費用が必要なことも!

今回は首イボを治す前に知っておきたい保険の話をしたいと思います。

首イボに対して行われる治療とは?

首イボに対して行われる治療は色々ありますが、液体窒素を用いた方法、電気メスを使用した方法、そして、炭酸ガスレーザーを使用して除去する方法があります。

それぞれ首イボの種類によって治療法が選択されますので、まずはしっかりと医師に診察してもらい、どのような首イボか診断してもらうことが重要です。

保険診療になる治療方法はどれなの?

上記では3つのうち、保険診療になるものは、液体窒素と電気メスを使用した方法です。

逆に自費診療になるのは炭酸ガスレーザーを用いた治療の方法です。

首イボの治療をするときには、皮膚科、形成外科、また美容クリニックに通いますが、どこに通ったとしてもこの診療はほとんど変わりません。

どうして炭酸ガスレーザーは自費診療になるの?

炭酸ガスレーザーが自費診療になるのは、美容的な側面を考慮して首イボの治療を行うからです。

「国が国民の健康と財産を守る」という意味合いで、保険診療で費用の1割~3割を国が負担します。

しかし、美容目的の場合は「国が国民の健康と財産を守る」という意味とは異なるからです。

首イボには角化症に伴うものや老人性、また良性の首イボがあり、このどれもが液体窒素や電気メス、また炭酸ガスレーザーで治療することができます。

しかし、液体窒素で治療する場合は、首イボを瞬間的に凍らせて、のちにかさぶたとして剥がれることで首イボを取り除きます。

皮膚の細胞は破壊されてしまうので、治療後にはシミが残ることが少なくありません。

そのため、液体窒素治療を受けるときには、首イボを除去するという目的のみで、その後の美容的な側面はあまり考慮されていないのです。

ですから、保険診療できるのです。

また電気メスの場合は、首イボを焼き切るという治療になります。

治療はやや痛みを伴います。

また首イボを焼きとった後には、あとが残ることが少なくありません。

そのためやはり首イボを取るという治療に重点が置かれているため、保険診療になるのです。

それとは異なり、炭酸ガスレーザーは、その治療は首イボを取りきる、それと同時に首イボをとった後の美容的な美しさも重視しているという点に治療の目的があります。

医療面と同時に、美容面も考慮しているために自費診療になるのです。

自費診療である炭酸ガスレーザーはいくらかかる?

自費診療というのは、各病院やクリニックによって治療価格を設定することができます。

そのため各施設によって治療価格は異なるのです。

多くの場合は、首イボの大きさ、そして数によって価格を決めています。

例えば5㎜までの首イボは1個3,000~5,000円。更に大きな10㎜サイズならその倍の価格など。

首イボの数が少ない場合は、それでも治療費が抑えられますが、もし首イボの個数が多かったら、いくら治療費がかかるのか?不安になりますね。

その場合は、個数によりセット価格になっている場合もあります。

また価格の上限を設け、上限を超えたら割引が適応になるという場合もあるのです。

そのため病院やクリニックによって、大体いくらくらいの治療費がかかるか見積もりを出してもらうと良いでしょう。

まとめ

首イボがあると、自分で触ってもざらざらしているし、人目に気になるので治療したいという人は少なくありません。

首イボをとった跡が残らないようにしたい場合は、炭酸ガスレーザーを使用する治療を選択する方がいいでしょう。

その場合は、始めに無料カウンセリングを受ける、治療費を比較するなどして治療できる病院を探すと安心です。

-皮膚科、病院で除去、治療

Copyright© 首イボ、首のブツブツの治し方、治療薬、予防方法、おすすめ皮膚科紹介 , 2017 AllRights Reserved.