首イボにお悩みの方。当サイトがおすすめする首イボ治療薬、除去クリームを使えば、すぐに治ること間違いないです。高い治療費がかかる皮膚科に行くことなく、元の綺麗な首元を取り戻せます!

首イボ除去おすすめ治療薬.com【首イボの原因、治療方法紹介】

首イボに悩まされる日々はもうお終い。原因と治療、除去方法、取り方を知って綺麗な首元に

首のまわりにできる首イボとは一体何?

首周辺にできた、ぽつぽつしたイボのことを「首イボ」と呼びます。

痛いわけでも、痒いわけでもなく、しかし触ると「気持ち悪さ」を感じるのが首イボです。

肌のダメージにより、細胞が過剰に作られて盛り上がってしまってできるもので、加齢とともに増えて行く傾向があります。

首イボは30代を過ぎるあたりからでき始めるイボであり、1つ、2つなど、少しだけできる人もいれば、首中にぽつぽつと無数にできる人もいるのです。

また、小さいものから大きなものまで、その大きさも様々です。

また、黒いイボの人もいれば、肌色の場合もあります。

硬いイボから柔らかいイボなど、感触にしても様々です。

これらの首にできるイボを総称して「首イボ」と呼びます。

ウイルス性の首イボでなければ、それが人に移ることはないのでご安心ください。

首イボは、特に皮膚の薄い部分できやすいイボなのですが、この首イボ、一体何が原因でできてしまうのでしょうか?

首イボで悩んでいる方々のためにその原因について解明していきましょう。

首イボの原因

紫外線が原因でできる首イボ

首イボができる理由の一つが「紫外線」です。

紫外線といえば肌に良くないという印象がありますが、全くその通りで、紫外線はお肌に大敵です。

この紫外線をたくさん浴び続けたせいで、それが首イボが発生する原因になっているのです。

首は服で隠すことが難しい部位であり、紫外線に晒され続けます。

紫外線を浴び続けると、肌にメラニンが作られて、これが徐々に蓄積されていくのです。

このメラニンが肌に良くない物質で、これによって肌が盛り上がり、首にイボができてしまいます。

これが首イボの正体です。

肌のターンオーバーがしっかりしている若い時期は、メラニンが蓄積されても、首イボができることはありません。

問題は、加齢ともに肌のターンオーバーが悪くなった30代以降です。

この年齢になると肌のターンオーバーの働きが悪くなって、首イボが姿を現すのです。

紫外線が当たりやすい首は、このような理由から首イボができてしまいます。

首イボは紫外線対策をすることで発生を防ぎましょう

加齢・老化により起こる首イボ

人は歳を重ねると免疫力が落ち、体の抵抗力が弱まっていきます。

このせいで起こる首イボもあります。

先ほど原因としてご紹介したように、紫外線の影響も出てきますし、年を取ると肌の抵抗力も弱くなっていくので、ちょっとしたダメージでも、肌には負担となり、首イボができやすくなります。

このような老化現象も首イボが増えり原因となります。

老人性首イボ、老人性疣贅について

メカニズムを説明すると、年齢を重ねると、お肌の潤いが不足します。

肌に元々あるセラミドという成分は、20歳の頃が一番多く、それから年齢を重ねていくと、どんどん減っていくのです。

そうなっていくと加齢と共に肌の保水力が減ってしまって、肌の水分量がなくなっていくのです。

これが肌のバリア機能を著しく落としてしまう原因となり、その影響でお肌の抵抗力が弱くなるのです。

このせいで首イボは起こりやすくなります。

またセラミドが減ると、肌のターンオーバーが悪くなります。

これによって紫外線によって作られ、溜まったメラニンの影響も受けやすいのです。

加齢によって首のイボが増えるのは、このようなメカニズムがあるのです。

摩擦の刺激による首イボ

首イボは「摩擦」が原因となることも多いです。

年を取ると、首を隠したくて、首が隠れるハイネックの服を着たり、ストールを巻いて隠してしまう人が多いと思います。

歳を重ねることによって気になる首元を、このようなもので隠してしまうのです。

このハイネックやストールが首を摩擦してしまって、このせいで肌に過剰に刺激が加わり、知らぬ内に首イボができてしまうのです。

肌と服が擦れることによって起こる「刺激」は、いずれは首イボの原因になる可能性があります。

その対策として、摩擦をなるべく起こさないようにすることが大切です。

また、ハイネックやストールの他にも、マフラーやネックレスなどのアクセサリーも、擦れて首への刺激になります。

とにかく首を摩擦するものは首イボの原因になり得るので、ご注意ください。

衣類の摩擦以外にも、自分で無意識のうちに触ってしまったり、入浴後にタオルでガシガシと擦ってしまうことでも起こります。

このように自分でも気付かないような、ちょっとした摩擦の刺激により首イボができることもあるので、気を付けるようにしましょう。

肥満体型が原因で起こる首イボ

首イボは「肥満」が原因で起こる場合もあります。

肥満になると首の皮膚が弛んでしまいます。

この弛んだ皮膚と皮膚が、お互いに擦り合って、摩擦し、首イボができてしまうのです。

また、それ以外にも、肥満体型な人は首イボができやすい理由があります。

それは汗を拭く行為による摩擦があるからです。

太っていると、とても汗が出やすくなって、それをタオルでごしごし拭きます。

このような行為も肌の摩擦に繋がって、首イボを増やしてしまう原因となります。

タオルで拭く場合は擦らないように、気をつけた方がいいですね。

ただ、太っていると、どうしてもこのような現象を避けることが難しいです。

このため首イボができるリスクが増えてしまうのです。

太れば太るほど首周りに贅肉がつきます。それに汗の量も増えるでしょう。

この贅肉の摩擦や大量の汗が、首イボを作ってしまうことに繋がるのです。

ウイルスによる首イボ

最も怖いのがウイルスによって起こる首イボです。

実は、ウイルスが原因で首イボができてしまうこともあるのです。

首にできた傷口から、ウイルスが侵入して炎症を起こし、それでできるのがウイルス性のイボです。

これも首イボに含まれます。

「ヒトパピローマウイルス」という感染症のウイルスがありまして、これが傷口に入ってしまうことで、首イボができてしまうのです。

ウイルス性の首イボは非常に怖く、首以外の他の場所に移って、増殖してしまうこともありますし、人から人に感染することもあります。

これを放置しておくのは明らかに危険でしょう。

自分の首イボがウイルス性イボなら即座に対処した方がいいです。

人に移ったり、増殖するタイプのウイルス性イボを「尋常性疣贅実(じんじょうせいゆうぜい)」と言いますが、実はこのヒトパピローマウイルスに感染してイボができると、人に移ったり増殖するだけではなく、さらに怖い問題が起こります。

このウイルスは型によっては、子宮頸がんを引き起こす原因となったり、尖圭コンジローマになってしまうこともあるのです。

首イボが原因でそんな病にかかってしまうなんて嫌ですよね?

ウイルス性の首イボは放っておくと大変危険なものなので、なかなか治らないようなら皮膚科、病院で首イボを診てもらうようにしましょう。

なるべく早く診てもらって、しっかり適切な方法で治療してもらいましょう。

首イボの種類とその原因。実際に首イボができたときの対処法とは

もし自分にも首イボがあるなら、または、できてしまったら、その種類を見極めることから始めましょう。

では、実際に首イボにはどのような種類があるのでしょうか。

それぞれの原因と特徴も挙げながら確認してみましょう。

アクロコルドン

まずは、アクロコルドンです。

これは首や目の下などの皮膚が柔らかいところにできて、イボ自体も柔らかく、肌色で2〜3mmほどの大きさです。

首にできるイボの種類では、最も小さいサイズであることが特徴です。

首イボは、ウイルス感染によってできるものもありますが、アクロコルドンは非感染性であると言われています。

はっきりとした原因はいまだ解明されていませんが、30代以上の女性に多く発症しています。

また、アクロコルドンは腫瘍ではありますが、悪性腫瘍ではなく、良性腫瘍の一種であるので過度に心配する必要はありません。

スキンダック

続いて、スキンダックです。

これは首や脇、お尻など皮膚が薄くて柔らかいところにでき、皮膚がたるんでそのまま盛り上がったような、ホクロのような見た目をしており、黒っぽい色をしていることが特徴です。

スキンダックは加齢と共に、若い頃にはなかったような部分にできやすくなる老人性のイボです。

また、加齢以外にも紫外線等で肌にダメージが蓄積されることも原因の一つだと言われています。

スキンダッグも一つ目のアクロコルドンと同様に、悪性のものではないです。

軟性線維腫

最後は、軟性線維腫です。

これはアクロコルドンと同義で使われることもあり、その特徴はアクロコルドンと酷似しています。

しかし、一般的に先にも述べたように個々のイボの大きさが2〜3mmと非常に小さいものがアクロコルドン、3mmよりも大きいものが軟性繊維腫と言われています。

軟性繊維腫はタンパク質の一つであるコラーゲン繊維や皮膚に包まれた血管などで形成されており、これも先に紹介した二つと同じように放っておいても、直接的に体に害があるようなものではありません。

しかし、どれも直接的な悪影響はないにしても日常生活を送る上で害がないとはいえ、女性なら、首という目に見える部分の肌が荒れているのは良い気持ちはしないですし、また、アクセサリーなどをつけたときに擦れてヒリヒリする痛みを感じることもあると思います。

首イボ対策に期待大!4つのイボケア成分について知ってみよう

では首イボの除去、治療のために効果的とされている4つのケア成分について紹介したいと思います。

首イボ治療薬やクリームを購入する際に、是非参考にして下さいね。

ヨクイニンとは

「ヨクイニン」とは、ハトムギの種子部分由来の生薬です。

首イボはもちろん、首以外の部位にできるイボにも効果的です。

ヨクイニン含有のものは、イボに加え、肌荒れ、ニキビなどにも効果のあるものとして売られていることも多いです。

一般的には、錠剤や顆粒を服用するか、含有するクリームを塗って使います。

服用+塗るの組み合わせも可能です。

首の位置にあるイボということで、上手く塗れないケースも考えられますので、そんなときは服用もおすすめとなります。

ヨクイニンを含むイボ用製品では、「第三類医薬品」や「医薬部外品」もあります。

コンビニやインターネットでも購入できます。

「肌荒れ」にも対応しますから、さほど気になるトラブルがないとき、軽く試しておくことも可能ですし、クリームなどを塗ることは、イボを取るのみでなく、首周りの肌にも好影響が考えられます。

「イボのトラブルが解決したが、治療薬が余ってしまった」という困りごとも起きません。

首イボはとても簡単に言えば「古い角質」です。

肌の新陳代謝が正常に働いていないことで古い角質がたまり、イボが生じます。

ヨクイニンはこの新陳代謝を活性化させ、イボを取り除く効果があるのです。

新陳代謝を高めて首のイボを予防しよう

ハトムギエキスとは

「ハトムギエキス」は、その名の通りハトムギに由来するエキスです。

ヨクイニンについても、この中の一種ともいえるでしょう。

ここでは、ヨクイニン含有製品に限らない、ハトムギエキス製品全般について考えてみます。

ハトムギ化粧水が首イボにいい理由と、その効果について

ハトムギエキスは、美肌へのはたらきかけが強いとして、錠剤サプリメントでも売られています。

「ぶつぶつ・かさかさに」と言った表現がなされることもありますが、この「ぶつぶつ」がイボに該当します。

ハトムギエキス含有製品では、比較的ソフトな働きのものも多く、「薬品までは使いたくない」とする人、「ヨクイニンを塗ることは良いけど、飲むことに抵抗感がある」などの人におすすめできます。

また、首イボ予防のためにも良いです。

「ハトムギ油」という形態の製品も、首イボ除去に効果的です。

かなり高い製品もありますが、他のクリームやオイルに少し混ぜるだけでも、肌・首イボへの働きが期待できます。

ハトムギは、お茶として飲むことでも良い効果が期待できます。

肌(イボの悩みを含む)に良いことの他にも、咳や痰などの悩みに働きかけたり、便秘を解消する働きも持ちます。

便秘はお肌に悪いものですから、お通じ・お肌の悩みをダブルで解決できる可能性もあります。

今や、ハトムギ茶はポピュラーで万能な健康茶の一つですから、首イボに悩んでいる家族・友人などにプレゼントしても違和感がなく、不自然ではないプレゼントです。

杏仁オイルとは

「杏仁オイル」とは、アンズに由来するオイルで、「あんず油」とも呼ばれます。

肌の新陳代謝を良くする働きがあり、フェイシャルマッサージオイルとしてよく使われています。

杏仁オイルもまた、イボにも良いとして評価されています。

やはりこれも、肌の新陳代謝・ターンオーバーに働きかけ、余計な角質の蓄積を防ぐメカニズムです。

オイル状態のままで使えば、サラサラとした使い心地で、イボ対策ができます。

香りが良く、首のイボケアにもよくマッチします。

また、浸透力が高く、肌の水分を保ち、皮膚を柔らかくする、皮膚のかゆみに働きかけるなど、色々なことが実感できます。

乾燥肌・敏感肌にも優しいのが、杏仁オイルの特徴です。

杏仁オイルは、各種肌用オイルの中では比較的安価なものも多く、気軽に試せます。

杏仁オイルとハトムギオイルを両方含む商品、セットになっている商品などもあります。

イボは30代あたりから発生しやすくなりますが、杏仁オイルはごく一般的な化粧品にも含まれていますし、オイルのイメージとしても「イボ」を特に感じさせません。

「将来、首イボができたら困る。でも今はケアグッズを買うほどじゃない」とする若い人にも、「普段の肌ケア+イボ予防」として効果的です。

ドクダミエキスとは

ドクダミエキスは、野草のドクダミを用いたエキスです。

ドクダミは、古くから、湿疹やかぶれ、擦り傷、やけどなどに良い薬草として使われてきました。

殺菌や抗菌、抗炎症効果のほか、美肌全般に良いとされ、新陳代謝を上げる働きもあります。

イボの除去により肌が傷んでしまった場合にも、便利です。

なおドクダミは「ドクダミ茶」としても利用でき、間接的に首イボについても期待ができますが、ドクダミ茶の飲み過ぎは高カリウム血症など危険な事態に繋がりますので、製品の注意書きなどをよく読んで下さい。

※塗る場合は、リスクはほぼありません

クリーム、ローション、石鹸などさまざまな形で、ドクダミエキスを含む品が売られています。

野生のドクダミをすりつぶし、自分で首イボケアグッズを作ることも可能ですが、ドクダミエキス商品はリーズナブルなものが多くなっています。

成分を知ることで、効果的に首イボ対策

こうして成分を見てみると、首イボのケアをどうしたら良いか迷っていた人や、成分に不安があった人もだいぶ気持ちが変わるのではないでしょうか。

「薬」というイメージからグッズを敬遠していた人も、思いのほか自然派で、肌全般・あるいは美肌全般に良い品が多いと知れば、行動が変わるのではないでしょうか。

その他、首イボを除去する方法とは

では、イボを取り除きたいときはどういった方法が良いのでしょう。

ハサミを使って首イボ除去

首イボは、除去するには皮膚科へ行ってレーザーや液体窒素でやってもらうのが一番ですが、「病院へ行く時間がない」、「出来ればお金はかけたくない」と言う人もいるでしょう。

そうなると出てくる選択肢として「ハサミを使っての首イボ除去」があります。

ハサミ使用した首イボ除去のやり方

やり方自体は非常に簡単です。

ハサミをイボに目がけてそのまま切断、後は肌を消毒し、その後のケアさえすれば終了と至ってシンプルです。

ハサミ一本と、後は度胸を用意してしまえば、病院通いの必要なんてありません。

ハサミ処理による除去のメリットは?

時間が掛からない
首イボ治療のために病院に行くにも、診察時間があり、曜日によっては休診で、受けたくても受けれない事も結構あります。

社会人であれば、仕事の都合もあるので、病院に行きたくても、そう簡単には行けない人もいます。

しかし、ハサミ処理ならばハサミ一本あれば充分です。

100円均一で売っている様なハサミでもいいですし、爪切りやニッパーで切り落とす人もいます。

ハサミさえ用意すれば自宅でもすぐに出来るので、病院の時間に振り回される事無くすぐに始められるのがメリットです。

費用がかからない
確実に除去、治療してもうらなら病院へ行くのが一番なのですが、そうなると掛かってくるのがお金です。

保険適用されると言っても、できるだけ安く抑えたいと言う人もいるでしょう。

ハサミを使えば、出費を抑えることができます。

ハサミ処理に伴うデメリットとは?

ハサミ処理も良い事ばかりではなくデメリットも多く存在します。

実際に挙がった例を紹介していきましょう。

部位的にハサミじゃ危ない
首イボと言っても、必ずハサミで切れるとは限りません。

ハサミで切ろうとすると、誤って首の一部も一緒に切る危険性があります。

最悪の場合、出血多量の大怪我を引き起こす可能性があります。

また、首という部位は、ハサミを使うには見えづらく、一人でやるには危ないです。

ハサミを使う方が、逆に大事故への引き金になる事も十分にあり得ます。

傷跡が残る
ハサミを使うと肌に傷を入れる事になり、それが傷痕として肌に残る事もあり、首イボがあった時と同様に、見た目が不格好になります。

病院で液体窒素やレーザーを使っての除去する場合は、消毒などのアフターケアも同時におこなう為、傷跡は残りにくいです。

ハサミを使う自己処理だと、専門的な知識もないため、アフターケアが病院ほど上手くいきません。

傷跡を残したくないのであれば、ハサミを使うのはおすすめできません。

根本的な解決にはなりにくい
イボ自体は確かに除去できますが、根元の部分は残ったままなので再発の恐れも残っています。

発生元を断ち切らない限りは、イボの再発する可能性も高いです。

一時的に凌いでいるようなものなのです。

液体窒素を使った首イボの除去のメリットとデメリット

液体窒素を使った首イボ除去のメリット

液体窒素を使った首イボ除去のメリットとして、健康保険が適用されることにあります。

早くて確実な方法にはレーザーを使った除去方法がありますが、レーザー除去の場合は保険が適用されないため、費用が高くなってしまいます。

液体窒素を使った首イボの除去の場合、比較的、費用を安く抑えて治療ができます。

また、治療時間も短く、体に負担をかけずに首イボを除去することが可能です。

デメリットはあるの?

もちろん、デメリットも存在しています。

液体窒素を使って首イボが除去される仕組みとして、低温火傷で壊死をさせることによって切除をしています。

そのため痛みが強くなったり、水ぶくれができてしまう場合もあります。

さらに、色素沈着を起こしてしまうこともありますので、目立つ場所で液体窒素治療をすると、跡が残ってしまうこともあります。

また、レーザーのように一度で除去できないため、何度かクリニックに通う必要があります。

液体窒素を使った首イボの治療は健康保険が適用されるので手軽に受けられるメリットがありますが、デメリットをもあることをしっかりと把握した上で治療を受けるようにしましょう。

首イボは治療しないまま放置をしていますと、増えてしまったり、治療までに時間がかかってしまいます。

納得のいく治療を受けるためにも液体窒素を使った首イボの除去のメリットとデメリットを把握した上で、自分に合った治療法か先生と相談をして検討してみましょう。

炭酸ガスレーザーを使った首イボの除去方法や注意点

最新の技術でキレイに首イボを除去したい、そう思った方にお勧めなのが炭酸ガスレーザーという治療方法です。

では、具体的にどんなことをするのか、どれだけ効果が得られるのか、またそれに伴うデメリットなども紹介したいと思います。

炭酸ガスレーザーとは

まず、炭酸ガスレーザーについてですが、大まかにいえば何でも壊せてしまうレーザーです。

そのため、盛り上がったイボも壊して取ることができるのです。

炭酸ガスレーザーは使い勝手も良く、効果も抜群ということでとても好評を博しています。

また、たった一回の治療で、イボが綺麗にとれるのは魅力的と言えますよね。

表面から薄く削いでいくので、削る際の深さや広さも自由自在におこなうことができるのです。

首元にできた様々な大きさや形のイボを、簡単に除去することができますよね。

また、炭酸ガスレーザー治療を行う際に伴う痛みですが、さすがにそのまま治療をすると痛みを感じます。

ですから、治療する部分には麻酔を打つこともあります。

そうすれば痛みは麻酔のときに行う注射だけ、ということになりますね。

痛みが心配な方でも安心して受けることができると思います。

炭酸ガスレーザーの大まかな治療の流れ

では大まかな治療の流れについて紹介したいと思います。

まず病院やクリニックを受診したら洗顔し、治療部位に麻酔を打ち、炭酸ガスレーザーでイボを削る作業に入ります。

終わったら、幹部に軟膏を塗って、傷テープを貼るという流れになっています。

ちなみに傷テープを貼った上かからメイクをしても大丈夫なものもあります。

たったこれだけでイボが取れるのです。とても簡単ですよね。

注意点について

また、治療するときの注意点もあります。

まず、1週間は必ず、傷テープを貼ることです。

傷が乾かないように気をつけましょう。

傷が乾くと綺麗に治りません。

また、うっすらシミができる場合があるので、その際はシミ取りクリームを塗るなどケアをおこないましょう。


投稿日:2017年6月9日 更新日:

Copyright© 首イボ除去おすすめ治療薬.com【首イボの原因、治療方法紹介】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.